サプライヤーと通信? サプライヤー
Tiancheng chemical Ms. Tiancheng chemical
何か私にできますか?
サプライヤーと連絡する
 電話番号:86-86-7927788 イーメール:info_yztchg@163.com
40%AKD硬化剤
  • 40%AKD硬化剤

40%AKD硬化剤

    お支払い方法の種類: L/C,T/T,D/P,Western Union
    Incoterm: FOB,CFR,CIF,FCA,CPT,CIP
    最小注文数: 1 Ton

Additional Info

包装: 200kgドラム、1000kg IBC、22MTフレキシタンク

生産高: 40000tons/year

ブランド: 天城

輸送方法: Ocean,Land,Air

原産地: 中国

供給能力: 3000tons/month

認証 : ISO9000, ISO14001

HSコード: 380992

ポート: Qingdao

製品の説明

製紙カチオン硬化促進剤


製品構成:polydadmac

製品の特性

この製品の外観は、無色〜淡黄色の粘性液体である。それは水に可溶です。それは良好な加水分解 安定性および PH値の変化に対する高い適合性を有する。それは安全で無毒です。凝固点は約-2.8 、比重は約1.04 / cm3、分解温度は280-300 です。これは、高電荷密度の重合体AKD成熟剤である。エマルジョンは、強力なカチオン成分の促進剤および保護剤を提供し、硬化効果を促進する。この生成物は、中間体の合成プロセスに直接添加されるか、またはエマルション中に一定の比が加えられる。この製品は、サイジング強化と熟成を強制する二重の役割を果たすパルプ電位の平衡として、より重いアニオン性ごみを含む製紙システムでより多く添加することができる。

III。品質指標

外観:無色から薄い黄色の濃い液体固形分:40±1%

PH値:4.0〜7.0粘度(センチポイズ、25℃):7000から12000

IV。応用:

この製品は、AKDの加水分解および移動適性を大きく制限するために、AKD(アルキルケテンダイマー)のアルカリサイジングシステムに適用されます。 【第3世代「AKD」は、主に沈降炭酸カルシウム充填多目的複写紙の製造に使用されており、カチオンポリマーを含む紙を再利用した後、60%カチオンポリマーが付着し、紙の疎水性を高める。特にカチオン性親水性基がインク粒子に付着し易く、特に疎​​水性アニリンインクの場合には浮遊性が高く、パルプの白さが増し、カチオン性界面活性剤としてパルプ化剤に使用されている。

 curing agent

製品グループ : 製紙補助シリーズ > 硬化剤

この仕入先にメール
  • Ms. Tiancheng chemical
  • あなたのメッセージは20から8000文字の間でなければなりません

関連製品リスト

ホーム

Phone

Skype

お問い合わせ